レイク借り方

MENU

キャッシングの即日融資は、すぐにお金を用意しなければならない時でも、申込をすればその日にお金が借りられるという便利なシステムです。最近はキャッシングを利用するのが当たり前になり、現在1.400万人以上の人が利用しています。

 

キャッシングは、消費者金融や信販会社、銀行から申込が出来ます。その中でも、使い勝手が良いと評判なのが新生銀行カードローン「レイク」です。以前の「レイク」は消費者金融でしたが、現在は新生銀行が運営を行っているので、消費者金融というイメージはなくなり、安心して申込が出来ます。

 

レイクのスペック

申込条件 満年齢が20歳から70歳までの方で安定した収入が有れ
実質年利 4.5%~18.0%
融資限度額 最大で500万円

 

「レイク」の申込条件は、満年齢が20歳から70歳までの方で安定した収入が有れば、誰でも申込が出来ます。銀行カードローンでありながら、敷居は低いので、パートやアルバイト、派遣社員の方でも安定した収入が有れば、申込が出来ます。

 

金利は(実質年利)4.5%~18.0%、融資限度額は最大で500万円となっています。最高限度額800万円や1000万円のカードローンと比べると少し低めになっています、通常の範囲での利用であれば、十分すぎるくらいです。また、利用者に適用される限度額は審査で決まります。

 

通常、はじめての場合は100万円以下に設定されることが多いようです。限度額が少ないと思うようになった時は、借入れと返済を続けていると、徐々に限度額を増額させることもできます。

 

レイクのメリット

レイクメリットデメリット

 

「レイク」には、初めてレイクと契約する人に対して、無利息期間サービスを用意

消費者金融の無利息期間は、30日間が多いですが、「レイク」の無利息期間サービスは、30日間無利息と180日間5万円分無利息というように、2種類の無利息プランがあり、どちらか好きなほうを選ぶ事ができます。

 

2つの無利息プランのどちらを選べばよいのか気になりますが、どちらが得かは、借入額や返済期間によって変わってきますが、レイクのホームページにある「返済シミュレーション」を使えば、無利息サービスを利用した場合のシミュレーションが出来るので、試してみる事をおすすめします。

 

即日融資が可能な銀行カードローン

大手消費者金融の即日融資は出来て当たり前のようなシステムになっていますが、銀行カードローンで即日融資が可能な銀行はわずかしかありません。そんな中、「レイク」は消費者金融の「レイク」がデータやシステム、ノウハウ、店舗、人員を含めすべてを新生銀行に譲渡したので、即日融資に強いカードローンになっています。

 

申込方法はパソコンやスマホを使って公式サイトから申込む方法、自動契約機から申込む方法、電話のうち、いずれかの申込方法なら、すぐに融資が可能かどうかの借り審査結果が伝えられます。その後 本審査がおこなわれますが、申込時の申告内容や提出書類等に不備がなければ、本審査の結果は仮審査の結果と大きく異なることはないようです。

 

人気のあるのがインターネット申込

インターネット申込

 

レイクの特徴的なサービスとして、まず、挙げられるのが、パソコンやスマートフォンだけで、契約から借入、返済までできてしまうインターネットキャッシングです。インターネットネット申込は、店舗や無人契約機に行って契約したり、提携ATMで借入や返済をしたりという面倒な手続きから解放されます。

 

インターネット申込は、レイクのホームページから融資の申込みをすれば、入力した情報と、信用情報機関の個人情報を基にして審査が行なわれます。

 

審査に通れば、本人確認書類(運転免許証または健康保険証、パスポートなどの身分が証明出来る書類)をスマホなどで画像保存し、その画像をレイクに送れば在籍確認が行われます。

 

在籍確認が終われば、契約が可能になり、契約が完了すれば指定した口座にお金を振込んでもらえる手続きをすれば、お申込から借り入れまですべてがスマホだけで出来てしまい、その上即日振込も可能になります。

 

審査を通すための条件は

審査条件

キャッシングの審査を通すためには一定の条件を満たす必要が有ります。

 

まずは、安定した収入が有ることが条件で、上記「レイクのスペック」に書いているように、安定した収入が有る事が重要です。

 

仕事をしていれば、正社員にかぎらず、パート、アルバイト、派遣社員やでも申込できるので心配する必要はありませんし、主婦や学生だからといって審査が厳しいと言うこともありません。

 

安定収入があることの次に重要なのが、他の金融機関からの借入状況です。借入状況は、消費者金融の借入やクレジットカードの借入額を合計して、「支払い能力」が算出されます。「レイク」はこの金額を元に、融資をするかどうか、いくら融資するかを決めるようです。ですから、既に他社借入額が多い人は、審査に通らないというケースも出てきます。

 

レイクの融資申込みは、ネットでの申込み可能なので、パソコンやスマホと電話だけで完結しますが、どの申込にしても必ず「在籍確認」があります。これは、レイクの担当者が勤め先に電話をかけて、申込者が本当に勤務をしているかを確認するのですが、会社の電話番号や、間違った情報を入力したため、在籍確認ができないという事もあるので、提出前に再確認する事が重要です。

 

カードローンの申込をする時、一度に複数の金融機関に申し込みをしてしまう方もいるようですが、複数社への同時申込は信用を落としてしまい、審査に通らなくなってしまいます。複数社へ申込をした事がなぜわかるのかという事ですが、融資の申込みがあると「信用情報機関」に個人の借入情報などを問い合わせるのです。

 

この個人情報に申込状況が記載されているので、どこへいくら借入を申込んだのかがすべてわかるようになっています。すべてがそうわけではありませんが、「お金に困っていて、返済能力に問題があるのではないか」と見なされる可能性が高くなるので、要注意です。

 

注意しなければならないのは、上記の事を守れば必ず審査に通るというものではありません。他にも要因はあるのですが、レイクの審査に通るかどうかを簡単に調べる方法が有ります。審査厳しいと感じる方は、いきなり申込をせず「にレイク」のホームページにある「お借入れ診断」を試して見る事をおすすめます。「お借入れ診断は」生年月日や業種、年収、他社からの借入額などの8項目を入力するだけで、融資が可能なのかどうか、すぐわかります。

 

レイクの申込手順

「レイク」の申込方法は、レイクへの申込方法は数多くあります。

 

インターネット申込

ネット申込

中でも人気が有るのがインターネット申込で、インターネット申込は24時間何時でも申込が可能で、居ながらにして申込出来る人気のある申す方法です。

 

インターネット申込は、ホームページの「お申込み開始」より、申込画面へ入ります。

 

必要項目を入力して送信すると、すぐに仮審査の結果(融資の可否、利用限度額)が表示されますが、審査時間は午前8時10分~21時50分(毎月第3日曜日のみ8時10分~19時)なので、この時間帯以外に申込んだ方は、すぐに結果が表示されず、翌営業日にメールで通知されるようになっています

 

申込から、在籍確認が終わり、審査に通過したら次は契約です。契約をどこでするか、レイクの公式サイトで行うか、自動契約機に出向いて行うか、のどちらかから選ぶ事が出来ます。

 

公式サイトから契約する場合は必要書類をFAXで送信するか、カメラで必要書類の写真を撮り、その画像ファイルをメールに添付して提出します。自動契約機で契約する場合は、必要書類を忘れずに持って行きましょう。

 

電話申込

携帯電話やスマホを使った申込方法にはインターネット申込以外、オペレーター審査と言うのが有ります。オペレーター審査は、小さい携帯電話を使ってたくさんの項目に入力するのは大変と言う方におすすめで、公式サイトから最低限の項目だけを入力し、続きは電話でと言う方法です。

 

9つの項目だけ入力して送信すると、レイク側から携帯に電話がかかってくるので、オペレーターの質問に答えればその場で仮審査の結果(融資の可否、利用限度額)を教えてもらえます。ただし、審査時間は午前9時~21時なので、それ以外の時間に申込みした場合、オペレーターから電話がかかってくるのは翌営業日の9時以降になります。

 

自動契約機で契約する方法

一つは直接自動契約機から申込をして契約までを済ませ、カードを発行してもらい、そのカードでお金を引き出すという方法です。自動契約機は、毎月第3日曜日以外、21:00時までに審査結果が解れば、即日借入も可能です。自動契約機を利用する場合は、事前にパソコンやスマホでインターネット申込をし、借り審査までを終えて自動契約機へ行く方が、自動契約機から直接申込むより、無駄な時間がはぶけます。

 

インターネットから申込をすると、すぐにメールか電話で、融資が可能かどうかや限度額がいくらと言うような審査結果が伝えられます。審査結果を受け取ったら、最寄りの「レイク」自動契約機へ出向きます。自動契約機に着いたら、タッチパネルの「インターネット、お電話などでお申込みをされているお客さま」をタッチします。自動契約機に本人確認書類を読み込ませると本審査が始まります。

 

本審査は多くの部分で人の手が加わる事になるので、仮審査より時間がかかります。審査結果がわかるまでに短くても30分ほど予定しておきましょう。書類審査と在籍確認が終われば、カードの発行があります。発行されたカードを使って、レイクATMや提携ATMでお金を引き出せるようになります。

 

自動契約機は、初回利用の場合は21時までに契約しないと即日融資が受けられません。審査に通れば24時までカード発行は可能ですが、21時以降に契約した場合は、カードを受け取っても当日中は使えないので注意が必要です。

 

土日・祝日にお金を借りる

 

銀行カードローンは土日・祝日などにお金が借りられるところは少ないのですが、「レイク」は、土日や祝日でも即日融資が可能な人気のある銀行カードローンです。

 

土日・祝日の申込方法は、パソコンやスマホからインターネットを利用して申込むネット申込や自動契約機から申込む方法、電話などから申込が出来きます。ネット申込は24時間申込が可能なので、休みが土日や祝日以外しか取れないという方でも仕事の隙間時間や、自宅に帰ってから申込が出来るので心配ありません。

 

ただし、銀行振り込みで借入する時は、契約が平日14:00以降や、土日・祝日になる場合は翌営業日のお振込みになってしまいます。土日祝日に即日融資を受ける時は、自動契約機でカードを受け取る方法を利用しましょう。

 

インターネット申込は24時間何時でも可能ですが、審査時間が限られています。審査時間は通常8:10~21:50、毎月第三日曜日に限り8:10~19:00までとなっているので、この間に申込めば、申込完了メールが届いたあと、審査結果の連絡があります。仮審査を終えて、自動契約機へ行き、タッチパネルを指示通り操作すれば契約まで進めることが出来ます。

 

ネット申込で本審査を受ける場合は、本人確認書類(運転免許証や健康保険証、パスポートなど)を画像保存し、メールに添付して送るのですが、自動契約機を利用する場合は書類を読み込ませるので、忘れずに持って行きましょう。

 

レイクの審査時間はどれくらい?

ネット申込

 

審査結果は郵送以外、すぐに仮審査の結果(借入が可能かどうかや融資限度額)がメールや携帯で伝えられます。

 

仮審査結果は

  • 公式サイトなら画面上に表示されます。
  • 自動契約機の場合はパネルの画面上に表示されます。
  • 電話申込の場合は口頭で伝えられます。

 

仮審査の結果はすぐにわかりますが、本審査にかかる時間は最短30分~40分を予定しておきましょう。本審査の結果は、公式サイトの「審査状況のご確認」から確認する必要があります。自動契約機で申込をした場合は、自動契約機の画面に表示されます。

 

また、申込時の申告内容や提出書類等に不備がなければ、仮審査と本審査の結果が大きく異なることはないようです。

 

返済方法は自分に適した方法が選べる

契約が終わり、お金を借りると翌月から返済が始まります。返済方法はWeb返済や銀行振り込み、口座振替、提携ATMから返済できます。Web返済は、インターネット支払いシステムPay-easyがつかるので、365日24時間何時でも手数料無料で返済できます。

 

ATMはレイクATMや提携ATMが利用できます。提携ATMはどこも手数料無料で利用できるので、消費者金融のように無駄な経費は必要ありません。そのほか、口座振替や銀行振り込みも可能なので、自分の生活環境に合わせた返済方法が選べます。