レイク

MENU

即日融資で比較│今すぐお金を借りる方法

即日融資で比較

 

今やキャッシングは即日融資が出来るというのが一般的になっています。即日融資は、今日中にお金が必要になったという時でも、申し込みをすればその日にお金が借りられるという便利なシステムです。

 

即日融資は消費者金融や銀行カードローンで申し込みが出来ます。ただし、即日融資で借りる時は、申し込み方法や融資を受ける方法がそれぞれに違いが有るので、事前に調べておく必要が有ります。

 

どこで借りるかが重要

最近は即日融資が可能な業者は、大手消費者金融はもちろん、銀行カードローンでも即日融資が可能になっています。インターネットンの口コミ情報などには多くの書き込みが有るので、それらを参考すれば、自分に適したキャッシング会社が探せます。

 

ただし、いくら急いでいると言っても、あわてて申し込みをせずに、金利や審査など他にどんなサービスがあるのかも比較し、少しでも自分に有利になるキャッシング会社を探すことがポイントです。

 

確実に即日融資が出来る業者を選ぶ

即日融資が可能な業者を選ぶ時は、まちがいなく当日中に振り込んでもらえるかを確認する事が肝心です。特に銀行カードローンでまぎらわしいのは「即日審査も可能」と書いてある銀行もあります。

 

「即日」と言う文字だけを見て、慌てて申し込みをすると、「確かに審査結果の連絡はあったけれど、カードが送られてきたのは1週間以上かかってしまった」という事も実際あるので、即日融資が可能かどうか、事前にサーポートセンターへ連絡を入れて確認しておきましょう。

 

次に、即日融資で借りるには具体的に、いつまで手続きを終わらせる必要があるのかが、きちんと表示しているところと、そうでないところがあります。これがはっきりしないと不安ですし、確実に今日中に借りるにはどうすればよいのかを明記しているところを選びましょう。

 

大手消費者金融の即日融資

たとえば、「プロミス」を例にとると、平日14時までにweb契約が完了していれば即日振込が可能とですし、さらに三井住友銀行またはジャパンネット銀行に口座があれば、24時間申し込みをすれば数秒で振込が可能と書かれています。大手消費者金融の場合、ほとんどが平日の午後2時までに契約や手続きが完了していれば指定口座へ振り込みをして貰う事が出来ます。

 

銀行カードローンの即日融資は条件が付く場合が多い

即日融資

銀行カードローンの融資条件は、ほとんどが、保証会社の保証がなければ融資が受けられません。保証会社は同じグループ内の消費者金融や信販会社が申し込み者の保証をする事になっていて、保証会社の審査に通らなければ融資が受けられません。

 

三菱東京UFJ銀行カードローン「レイク」のように、同じグループ内の「アコム」が保証会社になった事で即日融資が可能になったので、保証会社が悪いという事ではありません。

 

また、銀行カードローンの即日融資は「申し込みをした銀行に口座を持っている必要がある」という事が条件のところもあります。特にネット銀行の場合は、店舗を持っていないので、その条件が付くところが多いです。

 

レイクなら条件なしで即日融資

新生銀行カードローン「レイク」は、申し込みから融資までのスピードが早い事で人気のあるカードローンです。「レイク」は貸金業法の改正前は消費者金融として事業を展開していたので、積み重ねられたデータやシステム、ノウハウをそのまま新生銀行に譲渡し、そのまま利用できる事から銀行カードローンでありながら、即日融資が可能なカードローンとなっています。

 

即日融資の申し込み方法は、携帯やパソコンを使ったネット申し込みや自動契約機、電話から申し込む方法が有ります。ただし、申し込み方法や時間帯によっては時間がかかることもあり翌日振込になってしまう場合もある事を理解しておきましょう。

 

ネット申し込みが便利

レイクの審査時間は、インターネット申し込みなら自動審査が10秒程度で終わり、本人確認書類を提出して、審査結果が得られるまで早くて1時間程度で終わります。ただし、曜日や時間帯によっては混雑している場合もありますし、個人情報に問題があれば、審査はそれ以上の時間がかかる事もあります。

 

確実に即日結果を知りたい場合は、前日の夜か遅くとも午前中に申し込むことがポイントです。「レイク」は、平日だけでなく自動契約機なら土日祝日でも審査可能です。ただし自動契約機も、21時を過ぎると審査結果が出るのは翌営業日になります。

 

自動契約機を利用すれば365日何時でも可能

自動契約機は土日祝日を問わず365日利用可能です。平日や土曜日なら8時45分~24時、日曜日や祝日なら8時45分~22時、毎月第3日曜日なら8時45分~19時までが営業時間となっています。

 

自動契約機から直接申し込みをして、その場で審査結果を得ることができますが、早くても40分程度自動契約機の前で待つことになります。また、その場で審査に通っても、即日融資は21時までとなっているので、その時間を過ぎると、後日改めて自動契約機へ出直す必要があります。

 

自動契約機から直接申し込みをするより、パソコンやスマホを使ってインターネット申し込みをして自動契約機で受け取るという方法をおすすめします。ネット申し込みは24時間申し込みが可能ですし、仮審査を終えて自動契約機へ行けば、自動契約機は365日稼働していますので、平日に限らず土日・祝日でも即日融資でお金が借りられます。

今日中にお金を借りる方法

日常生活の中で出費が重なり、給料日まで財布のお金が足りなくなりそうとか、急いでお金を借りなければならなくなったというような事は誰でもあると思います。

 

そんな時でも手軽にお金が借りられるのがキャッシングです。
キャッシングは消費者金融や信販会社、銀行で手軽に申し込みが出来ます。
キャッシングには即日融資というサービスが有り、即日融資で申し込みめば、申し込みをしたその日でもお金が借りられる便利なシステムがあります。
ただ、当日に融資を受けるには、誰が申し込みをしても借りられるというものではなく、それなりのノウハウも必要ですし、注意しなければならない事もあります。
特に即日融資で借りたい時は、慌てて申し込みをしてしまい、後悔する事もあるので、いくら急いでいると言っても業者選びは慎重に行う事が重要です。

 

即日融資で注意が必要な事は

当日申し込みでお金を借りるつもりでいたのに、借りられなかった場合、状況によっては取り返しのつかなくなる事もあります。
単にお金を借りると言うだけではなく「必要な日に用意が出来る」という事が重要です。
もちろん、事前にお金が用意出来ていれば何の問題もありませんが、いつも思い通りになるとは限りません。

 

即日融資を希望して、確実に予定している日に借りるためには、事前に調べて準備しておくことがあります。
①即日融資に対応しているキャッシング会社であるか
②即日融資を受けるための条件は何か
③審査基準はキャッシング各社によって違う
最低でもこの3つは調べておく必要があります。

 

即日融資に対応しているキャッシング会社か

キャッシングのインターネット広告や雑誌の広告に「即日融資」や「即日審査」という言葉を見る事があります。
どちらも「即日」という言葉が使われているため、よく似た言葉ですが、内容が全く違うので注意が必要です。
・「即日融資」が可能という書き方は、申し込みをした当日でもお金が借りられる。
・「即日審査」は申し込みをした当日に審査結果が解るという事。
つまり、「即日審査」はあくまで、お金を貸しても良いかどうかの審査をするだけで、当日中に融資がされるわけではないのです。

 

また「24時間申し込みの受付」という宣伝文句にも注意が必要です。
「24時間いつでも受付をしているので、申し込みすればすぐに審査が始まり、審査に通ればお金も貸してもらえる」、と思っている方もいます。
「24時間受付け」と言うのは文字通り受付をして貰えるだけで、24時間審査が受けられるとは書いてありません。
「申し込み時間は何時でも可能ですが、審査は営業時間内でないと受けられません」ので、営業時間外に申し込みをすると、翌日の審査に回される事もあるので、いつ申し込みをすればよいのかという事も重要です。

 

即日融資を受けるための条件は何か

即日融資に対応しているキャッシング会社を見つけたとして、そこへ申し込みめば必ず対応してくれるとは限りません。
一定の条件を満たしていないと申し込みが出来ない事があります。

 

たとえば、即日融資に対応しているイオン銀行カードローンの場合、既にイオン銀行に口座を持っている人に限られますし、申し込み時間によっては即日融資が出来ない事があります。
加えて、即日融資をして貰う為に、キャッシング会社の審査を受ける必要があります。
審査で必要になる書類として本人確認書類が必ず必要になるので、運転免許証や健康保険をなど事前に準備してかなければなりません。

 

こうやって見ていくと、即日融資を受けるには、それなりに事前の下調べと、準備が必要だという事が解ります。

 

審査基準はキャッシング各社によって違う

即日融資はいかに早く審査を通すかが重要になります。
審査基準が劇的に違うということはありませんが、審査基準はキャッシング会社それぞれで違いが有ります。
そのために申し込み条件が揃っていれば、キャッシング会社によって、必ず通るとは限りません。
たとえば、Aさんが「B社に即日融資の申し込みをしたら、審査に落とされた」
しかし、改めてC社に申し込みをしたら、審査に通ったという事も良くある話です。
ですから、即日融資を希望するのなら、審査が比較的緩く、かつスピード審査が可能なキャッシング会社を選ぶ必要があります。
ちなみに、消費者金融と銀行で比較した場合、銀行の審査の方が比較的厳しく、消費者金融の方が緩いと言われています。

 

消費者金融と銀行カードローン、どちらを選ぶ?

即日キャッシングをする上で、消費者金融のメリットは、銀行に比べて審査が比較的緩いのと、審査が早いので即日キャッシングに適しているという事です。
大手消費者金融は、これまで蓄積してきたデータや、システムを駆使して最短30分で審査が完了と言う、スピード審査に対応しています。
また全国に設置している無人契約機は365日営業しているので、いつでも即日融資が申し込みめるというところにあります。

 

銀行カードローン銀行によって違いがありますが、即日融資が可能なうえに、金利が少し低めで借りられるという事です。
即日融資が可能な銀行カードローンの金利は、低めに設定されていますが、消費者金融と比べてわずか数パーセントの違いです。
新生銀行カードローン「レイク」の金利は4.5%~18.0%と、消費者金融と同じ金利設定になっているので、金利を少しでも低く即日融資で借りたい時は、低金利の銀行を選ぶ必要が有ります。

 

もしあなたが正規の会社員で属性が高い場合は、銀行カードローンを利用すれば金利が低い分有利になりますが、パートやアルバイト、派遣社員といった職業形態なら消費者金融を選ぶ方が融資を受けやすくなります。

銀行カードローンで即日融資

キャッシングの即日融資は、今ではなくてはならないサービスとなっています。
即日融資が出来るのは消費者金融だけでしたが、最近では銀行カードローンでも出来るようになり、低金利で即日融資が可能な銀行カードローンに人気が出ています。

 

「即日融資が可能になった理由」

銀行カードローンの申し込み条件に「保証会社の保証が受けられる方」という一文があります。
保証会社はおもに同じグループ内の大手消費者金融やクレジット会社が保証会社になっています。
保証会社は、利用者が返済できなくなったとしても、利用者に代わって代位弁済をしますので銀行は損をしません。
銀行カードローンは申し込み窓口だけを担当し、それ以外は保証会社へ丸投げというのが実情です。
保証会社が審査をすることで、銀行カードローンも即日融資ができるようになりました。

 

三菱東京UFJ銀行の「バンクイック」が即日融資可能なのも、大手消費者金融の「アコム」が保証会社になったからと言われています
また、新生銀行カードローン「レイク」のように、大手消費者金融の「レイク」がシステムやノウハウ、店舗、人員すべてを新生銀行に譲渡し、そのままのかたちで銀行カードローンとして事業を引き継いだからと言われています。

 

「即日融資で借りるには」

即日融資の申し込み方法は、インターネットから申し込みをして、口座へ振込をしてもらう方法や無人契約機でカードを受け取るという方法が有ります。
口座振込で借りる時は、平日の午後2時頃までに契約を済ませておく必要があります。
インターネットバンクの場合は口座を持っていれば、24時間365日いつでも振込が可能なので、時間を気にせず振り込みをしてもらえます。
銀行カードローンの即日融資は無人契約機(銀行によって名前が違います)からカードを受け受け取り、カードでお金を借りるという銀行もあります。

 

オリックス銀行やソニー銀行、イオン銀行、楽天銀行カードローンなどのネット銀行は口座へ振込してもらう事になります。
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」はテレビ窓口、新生銀行カードローン「レイク」は口座振り込みや自動契約機からカードを受け取ることもできます。
消費者金融の場合は、口座振込みやカードを使ったキャッシングのどちらも利用できますが、銀行カードローンはそれぞれに違いが有るので、事前に調べておく必要が有ります、

消費者金融の即日融資

キャッシングを始める時は、どこで申し込みをするかを選ばなければなりません。
キャッシングは大きく分けて消費者金融系と銀行系のふたつになりますが、系列ごとに違いが有るので、その違いが理解できれば最適なキャッシング会社を見つけられます。

 

キャッシングには即日融資でお金が借りられるサービスが有ります。
消費者金融系や銀行系の一部の銀行カードローンでも申し込みできますが、確実に即日融資で借りられるのは消費者金融といっても過言ではありません。

 

「即日融資のメリットが生かされるのは」

お金を借りる目的には、マイホームを立てたい、子供の教育を充実させたいというような目的以外に、普段の生活をしている中で、給料日前に一時的に借りたいということや、急な出費があり、少しの間借りておきたいという事があります。
多額のお金を借りるのなら、銀行の目的ローンが適していますが、日常生活で利用する程度の時はキャッシングをおすすめします。
大手消費者金融なら今日明日中でもお金を用意しなければならないといった緊急性を要する場合でも、問題なく借りられる即日融資が利用できます。
即日融資は契約を済ませていれば、いつでもお金が借りられる便利なサービスです。

 

「即日融資のメリット」

即日融資のメリットは、申し込みをしたその日にお金が借りられることです。
これからキャッシングの申し込みをする場合でも、申し込みをしたその日にお金が借りられます。
最近は24時間いつでも申し込みができる、インターネット申し込みに人気があります。
インターネットで申し込みをして、おおむね14時までに契約や振込手続きが完了していれば、指定した口座へ即座に振込がされます。
ただ、この方法は平日に限られ、営業時間をすぎると翌日になるので注意が必要です。

 

無人契約機なら土日・祝日でも借りられる」
口座振込み以外に、インターネットから申し込みをして仮審査までを終えておき、無人契約機から本審査を受けてカードを受け取る方法もあります。
無人契約機は午後9時、10時までの営業時間なので、退社した後無人契約機へ行き、カードを発行してもらえれば、提携コンビニATMからお金を引き出せるようになります。
消費者金融は全国に無人契約機を設置しており、365日無休で稼働していますので、土日や祝日でも即日融資でお金が借りられます。

即日融資は申し込み時間がポイントになる

キャッシングには、申し込みしたその日にお金が借りられる即日融資があります。
即日融資は消費者金融や銀行カードローンで申し込みできますが、利用するための条件に違いがあります。
あわてて申し込みをする前に、その違いを理解しておきましょう。

 

「口座振込は契約を済ませる時間が重要」

大手消費者金融のすべてが即日融資に対応していますし、銀行カードローンでも即日融資で口座へ振込をしてもらえるカードローンがあります。
インターネットから申し込みをすると仮審査が有ります。
仮審査が終わると結果がメールや電話で知らされます。
その結果を確認して本人確認書類(運転免許証や健康保険証、パスポートなど)を携帯カメラやスキャナで画像保存し、メールに添付して送信すれば本審査が始まります。
本審査の後、契約が完了すれば指定口座へ振込され、振込まれたお金をキャッシュカードで引き出せば完了です。

 

重要なのは、振込先の口座によって契約を完了する時間に違いがある事です。
一般銀行の口座を指定した場合、銀行の営業時間は平日の午前9時から午後3時までなので、その時間内に振込がされないと翌営業日になってしまいます。
当日振り込みをしてもらうには、平日の午後2時までに契約や振込手続きを済ませておく必要が有ります。
銀行カードローンのなかにはインターネットバンクの即日融資もあります。
インターネットバンクで即日融資を受けるためには、申し込み先の銀行に口座を持っておく必要があります。
インターネットバンクの場合、審査時間内に審査を受けて契約が終わると、いつでも振込をしてもらえます。
また、契約が終われば24時間、時間を気にせずお金の借入や返済が利用できるようになります。

 

「無人契約機なら土日。祝日でも借りられる」

大手消費者金融や、銀行カードローンで無人契約機を設置しているカードローンがあります。
無人契約機での借入は、インターネット申し込みから仮審査を済ませ、本人確認書類を持って無人契約機へ行きます
無人契約機で本審査を受け、カードを発行してもらえれば、提携ATMからいつでもお金が引き出せるようになります。
無人契約機の営業時間は多少の違いはありますが、365日午前9時から午後9時、10時までの営業なので、銀行の営業時間を気にする必要がなく、土日・祝日でも即日融資が可能です。

会社へ連絡のない在籍確認が有る?

キャッシングを申し込むと、融資審査で必ず「在籍確認」があります。
審査で会社への電話連絡は、本人がその会社へ勤めているかを確認する為の電話なので避ける事は出来ません。
消費者金融も銀行も、基本は電話での在籍確認は必ずあるという事になっていますが、代替え手段を取り入れているキャッシング会社もあります。

 

「案外簡単に終わる在籍確認の方法」

申し込み者が申告してきた勤務先に勤めているかどうかを確認する「在籍確認」は、審査の上で最重要項目になります。
どうやって在籍確認が行われるのかと言えば、担当者が申し込み書に記入した勤務先に電話を掛けて、実際に本人が勤めているかどうかの確認をします。
電話はキャッシング会社名は名乗らず、担当者が個人名で電話を掛けてきます。
掛かってきた電話に、必ず本人が出なければならないという事はありません。
たとえば外出中や会議中で電話に出られなくても、電話に出た人から「○○は今外出中です」とか「○○は会議中なので出られません」などの返事が有ればそれで在籍確認は終わります。

 

「どうしても電話を掛けてほしくないときは」

しかし、中にはどうしても「会社への連絡は困るけど、キャッシングを始めたい」と言う方がおられますが、会社への連絡なしにする方法はないのでしょうか?
そういった場合は代替措置として、その勤務先に在籍していることを証明できるような書類の提出で本人確認が可能なキャッシング会社があります。
現在「電話での連絡なし」と公表している、三井住友銀行グループの「モビット」があります。

 

「会社への連絡なしで審査を受ける」

モビットの「WEB完結申し込み」は、事前に三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に口座を持っておく必要があります。
健康保険証は、社会保険証または組合健康保険証をお持ちの方となります。
必要書類は、本人確認書類として運転免許証またはパスポートの写し、収入を証明する収入証明書類として源泉徴収票、確定申告書、所得証明書、税額通知書、直近2か月分の給与明細書のどれかの写しを用意しておきましょう。
それ以外に、勤務先を確認するために、社会保険証または組合健康保険証の写しと直近1か月分の給与明細書が必要になります。
それさえ用意出来れば、会社への電話連絡なしで審査を受ける事が出来ます。

審査をスムーズに終わらせるには

今日中にお金を用意しなければならないという時、即日融資で借りられるので、心配する必要はありません。
ただし、時間内に審査を受けて契約を終わらせなければならないので、審査をいかに早く終わらせるかがポイントになります。

 

「事前に用意しておく書類」

審査で必ず必要になる書類があるので、事前に用意しておけば審査がスムーズに流れます。
消費者金融でも銀行カードローンでも同じですが、申し込みをした人が本人であることを証明するための書類を用意しておく必要が有ります。
その書類は本人確認書類で、運転免許証や健康保険証、パスポートなどのどれか一つの写しがかならず必要になります。
インターネット申し込みの場合、書類を画像保存し、メールに添付して送信する場合が多いので、本人確認書類のどれか一つを、前もって画像保存しておけば、スムーズに書類送付が出来ます。
申し込み時の住所と、本人確認書類に記載されている住所が異なる場合がありますが、そんな場合は、納税証明書や公共料金の領収証(電気、都市ガス、水道、固定電話、NHKなど)社会保険料の領収証や請求書の写しなどを求められるので、併せて用意して置く必要が有ります。

 

「借入希望額を抑えて申し込む」

消費者金融へ申し込みをする場合、借入希望額が50万円を超える時や、すでに他社で借入が有る時、その借入残高と借入希望額の合計が100万円をこえる時は、収入証明書類の提出を求められます。
収入証明書類とは、確定申告書や最新の源泉徴収票、直近の1~2カ月分の給与明細書などを、本人確認書類とは別に用意しなければなりません。
これらの書類は、常に手元にあるという書類ではありませんし、紛失した時は再発行をしてもらわなければなりません。
借入希望額をいくら多く希望しても、初回の限度額は50万円以下になるので、審査に時間がかかるだけで意味が有りません。
初回の借入希望額は50万円以下にすることをおすすめします。

 

仮に50万円以下の限度額が不足するようになれば「増額申請」で限度額を増やすことが出来ます。
初回契約から半年以上継続した利用を続けていれば、キャッシング会社から増額の案内があるので、増額を希望すれば審査が行われます。
審査に通れば限度額を増やす事も出来るので、現在の限度額が少なくても、すぐに増やす事が出来るようになるので、低めの借入希望額でも心配ありません。