レイク

MENU

思ったより簡単だった!レイクの増額申請

レイク増額申請

 

新生銀行カードローン「レイク」は、銀行カードローンとしては珍しい無利息期間サービスが利用出来る事や、即日融資も可能な銀行カードローンとして評判の良いカードローンです。「レイク」で初めて契約をした時の限度額は低めに設定されています。使っているうちに「もう少し限度額を増やす事はでいないのかな?」と思うようになる事がありますが、そういう思いをしている方が利用できるのが「増額申請」です。

 

「増額申請」をするには、ある程度の条件をクリアしておかなければ、申請をしても審査に通るのが難しくなります。しかし、条件がそろえば、それほど厳しくはなく、簡単に増額してもらう事が出来るようになります。増額案内は、会員サービスや登録したメールアドレス、レイクATMの画面でも確認できるので、まずは案内が来ているかどうかを確かめましょう。

 

優良顧客には増額案内がある

最も手軽に増額する方法は「レイク」「レイク」が優良顧客と認めた人には増額の案内が届くので、それが届いてから申請するのが最も簡単です。

 

優良顧客と認める人は

  • 契約してから半年以上、継続的に借入や返済を続けている人。
  • 返済期日を守り、遅延や延滞を起こした事がない人。
  • 繰り上げ返済などを利用して早期返済に努めている人。
  • 他社で新たな借入をしていない人。

は「レイク」から優良顧客として扱われ、増額の案内があります。

 

案内が届いた時、申請をする方法は4つあり、その中でもWEBの会員サービスがおすすめです。まず限度額増額の案内が来ていれば、WEBの会員サービスでも増額が可能で、会員サービスにログインし、増額メニューより限度額の増額ができます。「増額しませんか?」という案内がすでに来ている場合は、単に手続きをするだけです。

 

WEBの会員サービス以外にも増額手続きは可能です。

  1. フリーダイヤルで申込む方法
  2. 自動契約機から申込む方法
  3. レイクATMで申込む方法

があります。

 

たとえばレイクATMで借入しようとした時の画面上で「増額可能の案内」を見た時は、わざわざWEBの会員サービスから増額手続きするより、その場で手続きを進める方がすみやかに申請できます。基本的には会員サービスからの申込が使いやすいですが、状況次第で申込方法を考えましょう

 

いずれの方法でも、レイクに「増額したい」と申込みできれば、増額ができます。レイク増額の流れは、たったこれだけです。

 

増額できる金額に注意が必要

増額方法は上記の通りですが、次に増額出来る金額はいくらなのかが気になるところです。「レイク」の融資限度額は最大で500万円ですが、最大限度額まで増額できるという事はまずありません。

 

一般的に増額できる金額は、上限があることが普通で、「レイク」から増額可能の案内が来た時、いくらまで増額できるのかは、まず「増額可能の案内」を確認してみましょう。

 

いくらまで増額できるのかが気になるところですが、レイクの限度額は、年収やその他個人情報を基に、審査で決まります。

 

増額

審査で「この申込者には100万円までしか貸せない」と、レイクが判断していた場合、利用者の利用限度額が現在「20万円」だった場合、「増額できる金額は最大であと80万円まで」ということになります。ですから、増額可能の案内が来た方でも、希望する金額通りに増額できるとは限らないと理解しておきましょう。

 

増額案内を待たずに申請する

レイクから増額の案内がないからといって、申込ができないということではありません。レイクへの増額の申込方法自体は簡単ですが、案内が届いていない時は、まずコールセンタ―へ電話をかけて相談してみるのが1番確実です。

 

確認もせずにいきなり申込をしても、審査に通らないような状態だったとしたら、個人信用情報にマイナス記録が残らないとも限りません。

 

自分から申請をする場合は、増額審査を受ける必要が有りますその時も同じく優良顧客として認めてもらう事がポイントです。

 

半年以上の利用実績が有る事

増額の審査で重要視されるのは、契約してから今までの取引状況です。契約してからの時間的な経過だけでなく、継続的に利用しているという事が重要になります。レイクとの取引が、最低でも半年以上、継続して利用していることが条件の一つになります。

 

また、利用中に延滞などを起こしていれば審査に通る事が難しくなりますので、将来的に増額を考えている場合は、延滞や遅延を起こさないように利用を続ける事が重要です。

 

他社借入があると影響する

「レイク」は定期的に契約者の個人情報や借入れ状況などをチェックしています。個人情報で他社の借入れ状況や返済状況なども常に確認しているので、遅延を起こしていたり、延滞があったりすると審査に通るのが厳しくなりますし、他社での借入れが増えている場合は、「返済が続けられないのではないか」と判断され、増額できなくなります。

 

他社借入はキャッシングの借入だけでなく、クレジットカードの返済状況や、携帯電料金の返済状況も含まれるので、これらの返済も注意する必要があります。

 

審査に通らなかった場合、今の限度額が下げられる事もある

増額申請をする時、気を付けなければならないのは、増額出来なかった時は、現状の限度額が下がる可能性もあるという事です。

 

たとえば、契約時から何かの理由で収入が減ったとか、審査を受けた時の勤め先をやめて勤め先が変わったというような時で、審査は現状の状況で判断するので、それらの変更が有ったために限度額が下げられたり、利用を一時停止になったりする事もあります。

 

増額申請はこういったリスクが有る事も知っておく必要があるので、出来る事なら「レイク」からの増額案内があるまで待つ事をおすすめします。